皇位継承と女性天皇・女系天皇

皇位継承のルール

天皇陛下の皇位継承を巡って、今更言うまでもなく、これまで様々な議論がなされてきた。

愛子内親王が天皇になられるかどうか。
また女性天皇・女系天皇についてはどうなるのか。

まずは日本国憲法と皇室典範において、皇位継承について規定はどうなっているのだろうか。

【皇位継承のルール】
日本国憲法 第一章 第二条
皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

上記の日本国憲法の第一章 第二条ではまず、皇位は世襲であること、そしてその規定は皇室典範で決められると規定されている。
前回の記事で書いた称徳天皇の寵愛を受けた道鏡僧が天皇へ即位するかもしれない事態(いわゆる道鏡事件)はこれにより防がれている。

それでは次に、皇室典範ではどのような規定があるのか見てみる。

皇室典範

第一章 皇位継承
第一条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
第二条 皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一 皇長子
二 皇長孫
三 その他の皇長子の子孫
四 皇次子及びその子孫
五 その他 の皇子孫
六 皇兄弟及びその子孫
七 皇伯叔父及びその子孫
2  前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
3  前二項 の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。
第三条 皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。
第四条 天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。

皇室典範  1947年(昭和22年)5月3日

簡単にまとめると、下記のとおりである。

  • 皇位継承は皇統に属する男系の男子に限定
  • 皇位は「皇族に、これを伝える」と定められ、いま皇族である者に皇位継承は限定
  • 皇位継承の順序は、直系優先(天皇の子)>長系優先(兄弟の中で年長者を優先)>近親優先(天皇から血縁が近い者を優先)となる

したがって現在の皇室典範においては、女性が天皇になることはできないということがわかった。

ところで、現在は女性が天皇になることができないことはわかったが、これまではそうではなかった。
実際に8人(10代)の女性天皇が存在した。
推古天皇・皇極(斉明)天皇・持統天皇・元明天皇・元正天皇・孝謙(称徳)天皇・明正天皇・後桜町天皇だ。

いつから女性天皇が禁止されたかというと、大日本帝国憲法と同時に規定された明治皇室典範からである。

女性天皇・女系天皇

ここで整理しておきたいのは、女性天皇と女系天皇の違いである。

これまで女性天皇が存在したことは上記のとおりであるが、すべての女性天皇は男系である。

男系とは、父方に天皇の血筋を引いていることをいう。
たとえば現在の天皇陛下(徳仁様)の娘である愛子内親王殿下が次の天皇になった場合は男系の女性天皇となる。
女系とは、母方に天皇の血筋を引いていることをいう。

たとえば上記のように愛子内親王殿下が次の天皇となり、さらに愛子様の子供が天皇になった場合は女系天皇である。(子供が男でも女でも)

過去に女性天皇はおられたが、女系天皇は存在していない。

例として「磯野朝」が存在していたとします。
現天皇を波平さんとします。
波平さんには3人の子供がいますよね。

サザエさん、カツオくん、ワカメちゃんです。
この3人が皇位継承した場合はいずれも男系天皇になりますが、
サザエさんとワカメちゃんは女性なので「男系の女性天皇」ということになります。

日本の歴史を見返しても「男系の女性天皇」は複数存在していますし、男系である以上は万世一系が保てているので問題ないでしょう。

ここで、後にサザエさんの息子のタラちゃんが皇位継承したとしましょう。
するとこの時点で磯野家は男系ではなくなり、マスオさんのフクダ家の男系に変わります。

タラちゃんは「女系の男性天皇」となり、王朝はフクダ朝に変わる(=万世一系ではなくなる!)ということなのです。


女性天皇と女系天皇の違いとは?を図解でわかりやすく!

平成17年11月24日付け(小泉内閣)皇室典範に関する有識者会議の資料をもとに、6世紀から8世紀にかけ即位された女性天皇の関係者相関図を作成した。

第33代 推古天皇(在位:592年~628年)
第35代 皇極天皇(在位:642年~645年)
第37代 斉明天皇(在位:655年~661年)[皇極天皇が2度目の即位]
第41代 持統天皇(在位:690年~697年)
第43代 元明天皇(在位:707年~715年)
第44代 元正天皇(在位:715年~724年)
第46代 孝謙天皇(在位:749年~758年)
第48代 孝謙天皇(在位:764年~770年)

今後の皇位継承

現在の天皇陛下(徳仁様)の次に皇位継承の資格を持つのは秋篠宮様とその子の悠仁親王のお二人である。お二人だけであるために、男系男子を維持するのが難しいのではないかという意見が出てきている。

一方、旧宮家を復活させれば解決するのではないかという意見もある。

以下で男系男子は維持できるという意見を紹介する。

下記引用(青字部分):「皇位継承の伝統」新田均 教授 皇學館大学現代日本社会学部

●側室なしでも父系継承は可能

側室制度がなければ男系継承は維持できないという主張もあります。
しかし、かつて側室制度が必要だったのは、幼児死亡率が高かったためで、現代医学の下では必要ありません。

事実、初代の神武天皇から今上陛下まで、父子-父子の継承で数えると 73 世代(代数は 126 代、北朝の天皇を加え、結婚しなかった天皇を引くと120 人ですが、これらの天皇の側室を除いて、正妻お一人からだけでも 168 人の男子が誕生しています。天皇の正妻お一人だけからでも、歴代天皇の数を上回る男子が誕生しているのですから、あと4 つほどの宮家でもあれば、現代医学の下では十分すぎる数でしょう。 ちなみに、近代以前においてはどれほど子供が成人することが難しかったかを見ておきましょう。

明治天皇子女  男子―1/5  女子―4/10  合計 5/15  (成人数/誕生数)

  孝明天皇子女  男子―1/2  女子―0/4    合計 1/6

  仁孝天皇子女  男子―1/7  女子―2/8    合計 3/15

  光格天皇子女  男子―1/10  女子―1/9  合計 2/19

                                                  (竹田恒泰氏の調査)

●占領政策がなければ皇統の危機は存在しない。

  それでは、何故、現皇室は現代医学の下で皇位継承者の減少に悩まなければならないのか。それは、敗戦の結果、旧宮家の臣籍降下を強要されてしまったからです。昭和22 年、11宮家26名の男性皇族が降下を強いられました。この旧宮家には平成 17 年現在で 35 名の男性がおられました。現在でも、確認できただけで、20 代以下に、少なくとも5名の男子がおられます。もしこの方々が皇族に留まっていたら、現在の危機は存在しません。

  このような方々に皇族に戻っていただこうという案に対して、旧皇族は現皇室から血筋が離れすぎているという反対論があります。旧皇族は南北朝時代に現皇室と分かれた伏見宮家の血筋だから、600年以上の時が経っており、時間的に遠すぎるというのです。 この点は既に述べましたが、氏の世襲感覚では本質的な問題ではありません。それに、旧皇族には敗戦まで皇位継承権が与えられていました。敗戦後もこの方々が皇族に留まっていたら、血筋が遠すぎるなどいう議論は起こらなかったでしょう。それに皇位継承権を失ってから、まだ 70年しか経っていません

むしろ、何故 500 年以上も皇位継承権を持ち続けられたのかの方に注目すべきです。それこそ、氏の継承感覚があったからです。 さらに言えば、例えば、旧皇族の竹田家の生まれである竹田恒泰氏が、明治天皇の玄孫に当たるように、これら旧皇族の方々は、現皇室の系統の女性と婚姻関係を結んでいますので、「女系天皇」を肯定する人々が、血筋の遠さを言うのは矛盾です。 一般人が知らないだけで、皇族と旧皇族は菊栄親睦会という会を作り、親戚付き合いを続けておられます。  

ところで、今、旧皇族の男子に皇族に復帰していただいたとして、この方々の血筋に皇位が移るのはいつのことでしょうか。それは、悠仁親王殿下が皇位に就かれ、しかも男子を残さずに崩御された場合です。それは、現在の日本人男性の平均寿命からすると 60 年以上は先のことになります。それなら十分な時間でしょう。

/引用終わり

たしかに、旧皇族が復帰すれば男系男子の維持は難しくないかもしれない。ただ、日本における象徴であられる天皇陛下に関する規定をどうするか、国民的な議論が広く行われているかといわれれば疑問が残る。国政のこともそうであるが、私も含めて国民が自分ごととして考えるということを意識する必要があると痛感した。

まずは知る動機のひとつに、この記事がなることを深く願っている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする