宗教年鑑でわかる、日本の仏教史

朝霧橋(あさぎりばし) © 公益社団法人宇治市観光協会 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

今日、仏教といえばお坊さんやお寺がぱっとイメージできるほど身近な存在だと思われる。
家によっては代々宗派が決まっている場合もあるだろう。

また、仏教についてよく知らずとも、近所にはお寺が建っていて知っているというケースもあると思う。
(お寺だと思っていて神社だった、ということもあるかもしれない。)

さて、日本において仏教はたくさんの種類があることをご存知だろうか。
私自身、沢山あるんだろうなとは思っていたが、調べてみたところ驚くべきことに、
2019年(令和元年)現在、日本国内で156もの宗派があることが分かった。

もともと仏教はインドで生まれ、現在の中国を経由して日本に伝来している。
日本人が中国に渡り、次々と新しい仏教を取り入れ、あるいは形を変えていき、
日本独自の進化を遂げてきている。

仏教伝来後、日本の仏教はどんな歴史をだどって現在の形に至ったのだろうか。
このことについて、非常にわかりやすくまとめられている資料を見つけたので共有したい。

文化庁が作成している「宗教年鑑(令和2年度版)」である。

時代ごとに、仏教史を非常にわかりやすく見ることができる。
まずはその流れをまとめた年表を下記に示す。

宗教年鑑(令和2年版)より加筆修正

1.聖徳太子と仏教

 日本の仏教は、聖徳太子(574~622)によってその基礎が据えられたとされる。
太子は仏教思想を非常に深く受容し、これを治政にも生かしたといわれている。
太子はまた、法隆寺や四天王寺などを建立している。

法隆寺は、その後、長く法相宗の学問道場としての役割を果たしてきたが、今日では法相宗から独立し、聖徳宗を形成している。

四天王寺は天台宗に属していたが、戦後独立して和宗を形成し、その総本山となっている。

宗教年鑑(令和2年版)

2.奈良仏教

 奈良時代に入ると、遣唐使によって唐から移入された学問仏教が奈良の諸大寺院で学ばれた。

これは南都六宗といわれており,三論・成実・倶舎・法相・華厳・律の6 宗をいう。
このうち法相宗とは、インドに由来する唯識教学を研究する学派で、今日、興福寺と薬師寺を二大本山とし、その伝統を伝えている。

また、華厳宗は、東大寺を大本山とし、中国の賢首大師法蔵が華厳経に基づき大成した華厳教学を研究する学派である。

東大寺には752 年、華厳経の教主・毘盧遮那仏をかたどる大仏が建立され、この東大寺を総国分寺とする国分寺の組織も整備された。

総じて、奈良仏教は、鎮護国家的性格を有していた。

なお、754 年、唐から鑑真(688~763)が来朝し、授戒の制を確立した。
鑑真の開創した寺院が唐招提寺で、今に律宗を伝えている。

宗教年鑑(令和2年版)

3.平安仏教

 平安仏教を代表するものとしては、天台宗と真言宗がある。

【天台宗】
 天台宗の開祖は,伝教大師・最澄(767~822)である。
最澄は入唐して隋の天台智顗の大成した天台教学を究め、さらに密教と禅と律の伝授も受けて帰朝し、806年、円(天台教学)・密・禅・戒の四宗を綜合する天台法華宗を開創した。

天台教学は法華経に基づくものであり、あらゆる人々は仏となる因(仏性)を有しているという一乗思想のほか,三諦円融の教え、一念三千の教えなどの思想を有している。と同時に、心を統一しつつ自己と存在の実相を観察する「止観」を中心とした実践行も重視し,教観双修を標榜する。

天台宗には、峰々を毎日歩きまわる回峰行、長い年月山に籠る籠山行など極めて厳しい行が伝わっており、今に、これを修する人が絶えない。なお、最澄は戒に関して特に大乗の立場での戒を主唱し、日本仏教における戒観の基礎を築いた。このほか日本の天台宗はもとより密教を含んでいたが、その後に真言宗の影響を受けたり、円仁(794~864)、円珍(814~891)が出てさらに密教化し,真言宗の東密に対し台密と呼ばれる密教を栄えさせた。

 天台宗の総本山は比叡山延暦寺である。天台宗からの分派としては、円珍門下の余慶が三井の園城寺に拠ったところから始まる天台寺門宗、戒称一致(大乗円頓戒と称名念仏を統合)の教学を唱えた慈摂大師真盛 による天台真盛宗などがある。なお、戦前、鞍馬寺や浅草寺は天台宗に属していたが、戦後いずれも独立してそれぞれ鞍馬弘教、聖観音宗を形成している。

【真言宗】
 真言宗の開祖は弘法大師・空海(774~835)である。
空海は唐で恵果より真言密教を学び、ことごとく秘法を伝授されたという。
帰国ののち真言宗を開き、823年には、嵯峨天皇から東寺を賜って皇城鎮護の道場とし、835 年、高野山で入定(入寂)した。この間、布教活動とともに福祉的活動や橋をかけるなどの社会事業にも尽力した。

密教というのは、歴史上の釈尊が説いたとされる顕教に対するもので、法身仏(いわば絶対者)である大日如来が、直接説いた教えという。生きとし生けるものは、宇宙の根源的な生命である大日如来の顕現であり、我々も身・口・意の三密行の実践により即身成仏することができると説く。そのほか具体的な行として阿字観などがあり、また諸尊の加護を求めて加持祈禱がしばしば行われる。

曼荼羅は密教の悟りの世界=宇宙の大生命を象徴的に図画でもって示したものであり、かつ現実世界がそのまま理想世界であることを示すものである。また、高野山は、弘法大師・空海の入定の地であり、大師の救いを信じて南無大師遍照金剛と唱える大師信仰の中心となった。この高野山金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗は真言宗団の中でも最大の宗団である。また、真言宗は皇室と縁が深く、大覚寺、仁和寺等の門跡寺院が多くあり、それぞれ一派を形成している。

 12世紀には、覚鑁(1095~1143)が出て密教と高野山の復興につとめた。覚鑁は金剛峯寺と大伝法院の座主を兼任するなどしたが,金剛峯寺勢力と折り合わず、高野山を離れて根 来 (和歌山県)に本拠を置いた。その後、頼瑜(1226~1304)が出て大伝法院を根来に移し、新義真言宗として独立した。根来寺が豊臣秀吉に焼かれると、専誉と玄宥の二人の能化は、それぞれ大和長谷寺、京都智積院に移り、現在の真言宗豊山派と真言宗智山派の基を据えた。

【修験道】
 平安末には日本古来の山岳信仰が仏教、道教、シャーマニズム、神道などと習合して、修験道という一つの宗教体系を作り上げた。中世期、大峰山では吉野・熊野を拠点として修行が行われ、熊野側では聖護院を本山とする本山派が、吉野側では大和を中心に当山派が形成された。江戸時代には両派が認められていたが、明治政府により神仏分離政策がとられ、明治5(1872)年、修験道は一宗としては廃止され、本山派は天台宗に、当山派は真言宗に組み込まれるかたちとなった。現在は独立して本山修験宗、真言宗醍醐派、金峯山修験本宗、修験道などとなっている。

宗教年鑑(令和2年版)

4.鎌倉仏教

 鎌倉時代には多くの宗派が生まれている。平安末から鎌倉時代にかけては政治の実権が貴族から武士へと移る転換期であり、その一方、天災・飢饉・戦乱などによって民衆の苦悩は深まっていった。しかも仏教史観によれば、末法の時代でもあった。そうした中で貴族階級中心の平安仏教に代り、民衆の救いへの願いに応える仏教が生まれたのであった。

【浄土宗】
 浄土宗系の教団で宗祖とされている法然(1133~1212)は初め比叡山に上り、次に南都に遊学し、諸宗の奥義を究めたが満足できず、ついに中国の善導大師の『観経疏』の一文に触発されて、専修念仏を唱導する浄土宗を開創した。
すなわち、この末法の時代には阿弥陀仏の御名を称えることによって極楽浄土にひきとっていただき、そこでやがて悟りを開く方がふさわしいとして、専ら念仏の易行のみを修する立場を選択した。
この他力易行としての念仏は、愚人、悪人こそが救われる道として、当時の民衆に大きな影響を与え、法然のまわりには貴族から遊女らに至るまで集まった。
しかし、従来の諸宗は伝統的な仏教を否定するものとして反発し、朝廷に念仏停止の令を発するように働きかけた。
結局、法然は土佐(実は讃岐)流罪に処せられ、高弟らも、死罪や流罪に処せられた。

現在の浄土宗は、法然の高弟のうち特に九州地方で活躍した弁長(1162~1238)の鎮西流を中心とする宗派である。
第三祖の良忠(1199~1287)は主に関東を中心に伝道し、その門下からさらに全国に広まった。

戦後、一旦は分立した知恩院の浄土宗本派、増上寺の浄土宗、金戒光明寺の黒谷浄土宗が合併し、知恩院を総本山とし、増上寺、金戒光明寺、光明寺、善導寺などを大本山とする現在の浄土宗を形成している。

法然の高弟の一人証空(1177~1247)の門流には、現在、浄土宗西山深草派、西山浄土宗、浄土宗西山禅林寺派があり、これらは西山三派といわれている。

【浄土真宗】
 浄土真宗の宗祖は親鸞(1173~1262)である。
親鸞は初め比叡山で修学に励んだが、29 歳の時、京都六角堂に参籠したおり、聖徳太子の夢告を得て、法然の下に参じたといわれる。
やがて法然の高弟の一人となり、法然が四国流罪とされたときには越後流罪に処せられた。
その後、関東で教えを広め、晩年には京都に帰ったが、手紙(消息)により関東の門弟を指導し続けた。
親鸞は、法然の唱導した浄土門の念仏の教えこそ真実の教え(=浄土真宗)であると考えていた。
もっとも親鸞の立場はむしろ信心に徹底し、信が定まったときに必ず仏となる者の仲間(正定聚という)に入る、すなわち、浄土往生以前にこの世で救いが成就する(現生正定聚)とされた。

しかもその「信心」も「念仏の行」も、如来より施与(廻向)されたものとされ、絶対他力の教学を完成したという。

晩年には自然法爾にと述べている。
なお、親鸞は妻帯も仏道を妨げないことを唱え、非僧非俗と称し、出家教団とは異なる教団を形成した。

 現在、真宗教団で最も大きなものは、浄土真宗本願寺派(西)、真宗大谷派(東)の東西本願寺教団である。
本願寺は元来、親鸞の廟堂であり、親鸞の子孫が管理した。
三代覚如(1270~1351)の時、本願寺となり、第8代の蓮如(1415~1499)は活発に布教活動を展開し、今日の大教団の基礎を築いた。

なお、西本願寺は豊臣秀吉から寄進された土地に建てられ,東本願寺は、その後、徳川家康が当時現職を離れていた教如(光寿)に施与したもので、東西両本願寺が並び立つこととなった。

真宗の十派は真宗教団連合を結成しているが,東西本願寺教団以外に真宗高田派、真宗興正派、真宗佛光寺派などがある。

 そのほか浄土系の宗派の代表的なものとして融通念佛宗と時宗の二宗がある。

【融通念佛宗、時宗】
 融通念佛宗は良忍(1072~1132)が開祖である。
良忍ははじめ天台宗を修めたが、比叡山を下り、46歳のときに阿弥陀如来より「自他融通の念仏」を受け、融通念佛宗を開いたという。
自他の念仏が相互に力を及ぼしあって浄土に往生すると説いている。
良忍はまた、天台声明の中興の祖としても有名であり、大念佛寺を総本山としている。

時宗の開祖は一遍(1239~1289)である。
一遍は証空門下の聖達に学び、後に熊野本宮で神勅を得たとして自らの教学を形成した。
一遍は捨聖といわれ、遊行をこととし、彼の門弟も一遍に従って諸国を遊行した。
また念仏を称えた人には算という念仏の札を与えた(=賦算)。
その宗団は、初め、時衆と呼ばれ、室町時代にかけて大きく成長した。
清浄光寺(遊行寺)が総本山である。

【臨済宗、曹洞宗】
鎌倉時代に成立した禅宗に、臨済宗と曹洞宗がある。
臨済宗は中国で成立した禅の一派で、禅匠臨済義玄の禅風を伝える宗派である。

日本には栄西(1141~1215)が宋より伝えた。
ただし、現在に伝わる臨済宗各派のほとんどは、鎌倉末期から室町期に活躍した大応国師(南浦紹明)、大燈国師(宗峰妙超)、関山慧玄といういわゆる応燈関の流れである。

さらに江戸時代には白隠(1685~1768)が出て、これを中興した。

禅とは精神統一の状態を意味するdhyāna(jāna)の音写「禅那」 の語に由来する。

すなわち、坐禅を組んで精神統一の状態に入り、自己の本性を見徹し、 悟りを開くことを目的としている。
その悟りの境地は、言葉によって説明することはできず、師と弟子の間で心から心へと伝えられる(不立文字、教外別伝)、という。

また、古来、禅僧には、その悟りの立場から発する奇抜な言動が禅問答として遺されているが、それらは後に禅の学人にとって自らの修行を深めるよすがとして生かされるようになった。

これを公案という。白隠禅は公案による禅修行を主体としている。
臨済宗の中で最も大きな宗団は、臨済宗妙心寺派である。
妙心寺の開山は関山慧玄 (1277~1360)で,室町時代に雪江宗深によって全国的な広がりをもつ一派となった。

その他,主な大本山とその開山を挙げると、建仁寺は栄西、南禅寺は無関普門(1212~ 1291)、天龍寺は夢窓疎石(1275~1351)、大徳寺は宗峰妙超(大燈国師)(1282~1337)、建長寺は蘭渓道隆(1213~1278)、円覚寺は無学祖元(1226~1286)、また、 相国寺は夢窓疎石を開山、春屋妙葩は(1311~1388)を二世とし、各本山ごとに宗派を形成している。

臨済禅は武士階級に好まれ、また、絵画(水墨画)、演劇(能)、茶道等、中世の文化に非常に大きな影響を与えた。

なお、江戸時代、明の禅僧・隠元隆琦(1592~1673)によって臨済禅がもたらされたが、現在、黄檗宗として伝えられ、京都宇治の黄檗山万福寺を本山としている。
曹洞宗は、やはり中国の曹洞宗の禅を、道元(1200~1253)が入宋して伝えたものである。
道元は初め、比叡山に上り修行し、その後、栄西が開いた建仁寺に入って禅を修するようになった。
さらに宋に渡って禅宗諸師に遍参し、ついに天童如浄の下に、「身心脱落、脱落身心」と大悟し、印可を受けたという。
帰朝したが、旧仏教の圧迫を受けた後に、越前に移り、永平寺を開き、弟子の育成に尽力した。
曹洞禅は臨済禅と考え方がやや異なり、只管打坐、ただ坐るということを重んじ、坐禅中に公案を考えることもしない。

坐禅は仏のはたらき、仏の活現に他ならないということで、これを「本証妙修」といっている。また,曹洞宗では、「行持綿密」、「威儀即仏法」といって日常生活の微に入り細にわたって綿密な規定がなされている。

道元の家風は、極めて厳格で、格調の高いものであり、一般に広まる性格のものではなかったが、その門下の第四祖、瑩山紹瑾(1264~1325)が禅を大衆化し、現在の大教団の基礎を築いた。

瑩山紹瑾は、石川県の能登に總持寺を開創したが、これは明治に入って火事にあい、横浜の鶴見に移っている。
現在、曹洞宗は福井の永平寺と鶴見の總持寺の両大本山制をとり、道元を高祖、瑩山を太祖として尊崇している。

【日蓮宗】
日蓮宗は、日蓮(1222~1282)を宗祖とする。
日蓮は初め、清澄山に登って仏教を学び、後に、比叡山で天台教学を究めるなどし、故郷(千葉)に帰り、建長5(1253)年、清澄寺で南無妙法蓮華経と高唱したのが開宗とされる。

その後、鎌倉を中心に布教活動を展開し、幕府に対して法華経に帰依すべきことを訴えたが聞き入れられず、そのことにより数々の法難を受けた。
佐渡に流されるが、やがて許されると身延山に入り、そこで専ら法華経の宣揚と道俗の訓育に当たった。
7年間ほどして病いを得て身延山を下り、常陸へ療養に向かう途中、立ち寄った池上で亡くなった。

日蓮宗では、南無妙法蓮華経の題目(経の題名)を唱える唱題を説くが、それは、法華経こそが釈尊の悟りの全て、すなわち宇宙の実相を表しており、しかも「妙法蓮華経」の題目は、単に名称ではなく、法華経の説く内容、つまり仏陀の証悟の世界そのものである、という日蓮の考えからである。

なお、日蓮は、南無妙法蓮華経を中心に、諸仏諸尊を回りに配した図によって末法の衆生を救済するという釈尊の本懐を顕わしたが、その図顕の大曼荼羅も本尊として礼拝の対象としている。

現在、日蓮系の教団には、身延山を祖山とし、池上本門寺に宗務院を置く日蓮宗をはじめ、顕本法華宗、法華宗(本門流・陣門流・真門流)、本門法華宗等々、種々の宗派がある。

ここには、法華経に対する解釈の相違が介在している。
なお、日蓮の寂後、身延の御廟は日蓮の定めた六老僧が管理したが、その中の一人、日興(1246~1333)の流れを汲むのが日蓮正宗であり、富士の大石寺に拠っている。

宗教年鑑(令和2年版)

5.近現代の仏教

【明治の仏教】
 明治維新後、仏教を取り巻く状況は変化した。
神仏分離と廃仏毀釈によって、寺院は影響を受けた。
明治5(1872)年の壬申戸籍によって、僧侶は身分ではなく職業となり、同年には僧侶の肉食・妻帯・蓄髪を勝手たるとする布告が出された。

教団の再編が行われ、本山から管長を中心とする組織に変化した。
また江戸時代までの伝統的な宗学から、海外に留学した学僧たちによって近代仏教学が展開していった。
仏教啓蒙運動や在家仏教運動が始まったのもこの時代からの特長である。

【新しい仏教教団】
 近代以降には、伝統仏教を背景としつつも新たな教団が、設立されていった。
 天台系に属する主な教団に、念法眞教、孝道教団などがある。
念法眞教は、大正14(1925)年、教祖小倉霊現(1886~1982)が阿弥陀仏の啓示を受けたとして天台宗所属の教会を開いて布教していたが、昭和22(1947)年、別派独立したものである。

孝道教団は、昭和11 年、岡野正道(1900~1978)及びその妻貴美子(1902~1976)が、霊友会より独立し、宗教結社孝道会を結成したのに始まる。

 真言系の主な教団に、真如苑、辯天宗などがある。真如苑は、真言宗醍醐派で修行した伊藤真乗(1906~1989)が、後に醍醐派を離れ、昭和23(1948)年、まこと教団を設立、その後、現名称に改められたもので、涅槃経を所依の経典としている。

辯天宗は、高野山真言宗寺院の住職の妻であった大森智辯(1909~1967)が辯才天の天啓を受けて、昭和27年に立宗した。

 日蓮系には、新宗教団体が非常に多い。
本門佛立宗は、本門法華宗で出家したが、後、還俗した長松清風(1817~1890)が、安政4(1857)年、佛立講を起こしたのに始まる。法華宗に所属して活動したが、戦後、昭和21年、独立して本門佛立宗と称した。

 霊友会は、小谷喜美(1901~1971)、久保角太郎(1892~1944)によって始められたもので、法華経信仰を基盤とした祖先崇拝が基本となっている。
この霊友会から、昭和10~13 年頃、孝道教団、立正佼成会などが独立し、さらに戦後、昭和25~26年頃、妙智会教団、佛所護念会教団、正義会教団などが独立した。

そのほか、妙道会教団、大慧會教団なども、霊友会から独立した教団である。

立正佼成会は、長沼妙佼(1889~1957)、庭野日敬(1906~1999)らによって始められたもので、当初は、霊友会とほぼ同様の信仰形態であったが、その後、原始仏教、大乗仏教の教理を大きく採り入れ、近年は、宗教協力等に力を入れている。

なお、創価学会は、昭和5(1930)年、牧口常三郎(1871~1944)によって設立された在家信者団体である創価教育学会が母胎であるが、牧口は自らの教育理論の確立のために日蓮正宗の信仰を採り入れ、その後は次第に信仰を中心とする団体に発展したものである。

 そのほか日蓮系の新宗教団体として法師宗、思親会などがある。

 戦後、宗教団体法の廃止と宗教法人令の制定により多くの宗派が旧来の宗派から分離、独立した。
その中には浄土宗のように再度、合同したものや、分離して異なる包括法人として存在しているものもある。

 多くの宗派では教団組織を宗教法人法に合わせて整備を行った。
また、現代社会において宗派として果たすべき役割が再検討され、天台宗の「一隅を照らす運動」、高野山真言宗の「御宝号念誦運動」、浄土真宗本願寺派の「基幹運動」と「実践運動」、臨済宗妙心寺派の「おかげさま運動」など新しい施策が採用された。

 また、仏教界では伝統仏教教団により昭和 29(1954)年に、「仏陀の和の精神を基調とする全一仏教運動」という理想のもと全日本仏教会(略称・全仏)が結成され、昭和32年に財団法人として許可を受けた。
公益財団法人日本宗教連盟の協賛団体でもあり、教団の相互理解と宗派間による宗教協力、行政や社会問題への対応、世界の仏教徒との連携、親善などさまざまな活動を行っている。

宗教年鑑(令和2年版)

各時代で、人々のニーズにあった宗派が生まれ、
そして政治に大きく影響されながら現在まで続いてきたことが分かった。

ところで、宗教年鑑には神道についても記載されているので
そちらについても今後みていきたいと考えている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる